肌トラブルとサヨナラしよう!|目の下のクマやほくろの悩みを改善【レーザー治療方法がオススメ!】

Pretty Woman

ほくろ除去は早めに行なうべし!役立つ情報特集

ほくろ除去に特化したクリニックの特長リスト

  • 約5分!スピーディーな診察
  • 診察料、施術料コミコミで5000円から!
  • 痛みがない治療でほくろを除去
  • 多くの治療実績がある!高い技術力
  • ダウンタイムが長引く心配ナシ
  • メイクをしたまま治療ができる
  • 納得できる美しい仕上がり

ほくろ除去治療は様々!

ほくろ除去の方法として、一番最初に思いつくのは「レーザー治療」でしょう。しかし、大きいほくろになってくると電気メスやくり抜き法、切除縫合法などほくろの状態に合わせて選ぶことができるようです。最適な治療方法を選択しましょう。

肌トラブルとサヨナラしよう!

女性

ほくろが出来る原因って何だろう

どうしてほくろが出来てしまうのか気になったことがある人は多くいるでしょう。一般的に知られているのが「紫外線」ですが、他にもいくつかあるようです。

・過剰なストレス
ストレスを常に感じていると、ホルモンバランスが乱れてしまい、ほくろが出来てしまうようです。ほくろは基本的に「良性」の皮膚病だと言われていますが、メラノーマや皮膚がんといった病気が隠されている可能性も少なくはありません。これらの病気は、見た目で区別しずらいため、発見が遅れてしまうようです。

・外部刺激で出来るほくろ
とってもキツイ下着や靴で皮膚がこすれたり、仕事で身体の同じパーツに重量や熱が掛かってしまうと、肌にダメージを与え、ほくろになってしまうと言われています。

ほくろができやすい場所

【最も多く出来る場所は顔】
ほくろのできるパーツはダントツで顔が多いようです。小さなほくろだとしても、鼻の上下や数多くあれば、とっても気になるでしょう。また、男性の方はヒゲ処理の邪魔になってしまい大変な思いをするかもしれません。子どもの頃にほくろがあったとしても、成長していく内に消えていることもあるようですが、気になっているなら早めにほくろ除去治療を受けましょう。

【足に出来てしまうことも】
とくに足の裏に出来てしまうほくろは要注意です。ほくろは刺激を与えすぎてしまうとガンが起きてしまう可能性があります。足の裏に出来てしまうと、歩くときに刺激を与えてしまうので、手や顔、背中にできるほくろよりもガンに発展してしまうリスクが高いのです。見つけ次第、早めにクリニックへ行って受診することをオススメします。

【舌に出来ることもある】
ごく稀ですが舌にもほくろが出来るようです。舌の場合、皮膚にできたほくろと違って美容外科では治療ができません。口腔外科での治療になるということを頭に入れておきましょう。

ほくろの予防対策

1:紫外線を浴びないようにしよう
メラニン色素を産み出してしまうと、ほくろが出来てしまうので紫外線対策は必要不可欠です。とくに、3月ごろから少しずつ紫外線は強くなり始めるので紫外線対策を怠らないようにしましょう。また、1日中の中では朝の10時~昼の14時あたりが紫外線の強い時間帯になります。お出掛けをするときは日傘、日焼け止めクリームを塗って対策をしておきましょう。

2:外部刺激を与えないように!
下着や靴はサイズが合ったものを、仕事では重や熱を与えないように、こまめに体勢を変えてみるのもアリですよ。

広告募集中